産後ダイエットでくびれを取り戻す方法

女性は妊娠すると胎内で赤ちゃんを健康に育てるために、基本的に10キロ前後は太るとされています。胎内の赤ちゃんは母体で3キロまで育てられ、その赤ちゃんの体を守るために母体は脂肪や筋肉が自然とつき体重が増えてしまうのです。

妊娠中に増えてしまった体重は、出産をするとある程度は減っていきます。胎児の分の3キロと羊水の分の1キロがなくなるので、産後は増加した10キロの内の4~5キロはなくすことができます。

残りの増えた分は減らすことができないのかというと、体重自体は戻しやすいです。コツは赤ちゃんに母乳を与えて育てることであり、人口のミルクをあげるよい母乳をあげた人の方が体重が減りやすいデータもあります。

母乳は栄養成分が豊富であり、そちらに栄養を回すので食事を多めに食べても太りにくく、逆に体重が減っていきます。

母体から作られた母乳は免疫機能を高める作用もあるので、赤ちゃんを丈夫に育てるためにも母乳育児を実践してみましょう。

お腹まわりについた脂肪を落とすためのダイエット法

妊娠で増えた体重は母乳育児を行うことで解決できますが、お腹まわりについた脂肪は自然に落ちないので産後ダイエットが必要です。

腹部は胎児を育てる子宮がある部分ですので、妊娠すると胎児を守るために脂肪がつくようになります。脂肪は放っておくとそのままになって時間が経つほど、脂肪を落とすことが難しくなるので産後のすぐにダイエットをするようにしましょう。

お腹まわりの脂肪を減らす産後ダイエットは、骨盤矯正をすることがおすすめです。

出産後は骨盤が開き、脂肪がたまりやすくなっています。開いた骨盤をしめることにより、腹部にくびれを取り戻すことが可能となります。

骨盤矯正は骨盤矯正体操・矯正ベルト・骨盤まくらを活用して行います。

簡単にできる骨盤矯正体操は足を肩幅より少し広く開いて立ち、腰に両手をあてて頭を下に動かさないようにして腰で八の字を書くように回します。

左右で10回ずつをワンセットにして、無理のない範囲の回数で毎日続けていきます。こうするとお尻の部分の筋肉も鍛えられるのでヒップアップにも最適です。

日常で骨盤をしめる働きのある矯正ベルトを巻くことで、骨盤が早期にしまるようになります。矯正ベルトは腰のゆがみも治すので、腰痛予防もできます。

骨盤まくらは専用のまくらがありますが、バスタオルを数枚重ねて丸めることで代用可能です。

まくらや代用のものをお腹の下におき、その上に寝て数分程度その姿勢を維持します。骨盤まくらは背筋が伸び、体をほぐす作用もあるので肩こり対策にもなります。