産後太りになってしまう原因とオススメの解消法

産後太りになってしまう原因とオススメの解消法

もうすぐ赤ちゃん誕生の予定日!でも、出産後は太ると聞いたから、しっかりダイエットして体型を戻したい…そんなママはいませんか?

赤ちゃんを妊娠中の体の中では、骨盤を広げてその上に赤ちゃんや胎盤、羊水が乗っかっている状態です。その負担でお尻が大きくなったり、内臓に負荷がかかって代謝の悪い体になり太ってしまうんですね。

ここでは、どうやってお肉を落として産後の体型を戻したら良いのか紹介したいと思います。

骨盤を直す事が体型を戻すコツ

繰り返しになりますが、出産で最も負担が大きいのが骨盤です。本来閉じている骨盤を広げて赤ちゃんを守り支えるので、骨格からお尻が大きく、四角くなってしまうんですね。

また、骨盤がゆがんで開いていると、元来骨盤が閉じて支えていた内臓が下がってくる現象が起こります。そうなると、子宮や胃腸など下半身に近い内臓に負担がかかり、代謝も落ちてしまうんですね。

ただ、骨盤は妊娠と同時に広がっていく柔軟な構造の骨です。赤ちゃんを産んだ後のまだ柔らかい状態で正しい位置に骨盤を固定してあげれば、元の形に戻す事ができるんですよ。

赤ちゃんを出産した直後は体が傷ついているので、骨盤矯正やエクササイズはちょっと待ちましょう。体をしっかり休めて、産後ダイエットは産後2ヶ月くらいから、お医者さんにもう大丈夫か相談してから始めて下さいね。

産後の骨盤矯正の方法とは?

産後の骨盤矯正には様々な方法があります。まず、整体やエステで骨盤矯正の施術を受ける事ですね。ただ、赤ちゃんから目が離せない時期に外出できるママばかりとは限りません。

そこで骨盤矯正に便利なのが、ガードルなどの骨盤矯正作用のある下着や、骨盤矯正ベルトなどの専用アイテムなんですね。

これなら説明書どおりにつけるだけで骨盤を正しい位置に固定してくれるので、家事や育児をしながらでも綺麗なお尻を取り戻せるんですね。

また、産後の代謝が落ちた時期には生酵素サプリや酵素ドリンクなど、代謝を高める健康食品を摂取するのも良いですね。基礎代謝の維持や、体力を保つのにも良いんですね。

他にも、母乳育児をするとおっぱいの分のカロリーがガンガン消費されるので、赤ちゃんがおっぱいを大量に飲む時期に痩せるママが多いんです。

なので、食事を抜いたりせず、むしろ良質なおっぱいを作ってどんどん出す事が最大の産後ダイエットだったりするんですね。

産後は食事制限やエクササイズで痩せるというよりも、とにかく体を整えて回復させるのがダイエットへの近道なんです。