酵素ドリンクで産後ダイエットに取り組んでみよう

産後ダイエットは産後6ヶ月が大切で、運動や食事制限などでダイエットに取り組むことも少なくありません。

産後は授乳中でもあるため、極端な食事制限などのダイエットは禁物で、産後ダイエットを効果的にするには酵素ドリンクを使ったダイエットが良い選択となります。

産後に太る原因は出産で骨盤が開くこと、赤ちゃんの成長に合わせてお腹が大きくなるためその分の皮膚がゆるむことにあります。

妊娠の時についた脂肪は水分を多く含んでおり、その脂肪が定着すると落としにくくなるため、定着する前の産後6ヶ月前に落とせば容易に落とすことが可能です。

産後は体力も低下しているため、産後2ヶ月頃からダイエットを始めると良いです。

酵素ってどんな働きをするか知っていますか?

酵素ドリンクの酵素は、食べ物の消化に必要な消化酵素や、消化酵素の働きによるエネルギーを活用するための代謝酵素があり、酵素の働きは息をして酵素を取り込んだり傷を自然に治すなどの活動を行なうことが可能になります。

ただし、酵素は熱に弱いため効率よく摂取することは難しい栄養素でもあります。

酵素ドリンクで酵素の不足を補えば、体のリズムを整えて痩せやすい体質になることが期待できます。

産後は授乳もあり空腹になりがちで、おやつなど間食をしがちですが、甘いもので糖質を過剰に摂取してしまうと乳腺炎の原因ともなるため、間食で甘いものを摂り過ぎないようにすることが必要です。

空腹を満たす置き換えとして、酵素ドリンクを摂取します。この方法でカロリーなどをコントロールすることも可能になります。

産後ダイエットには食事の置き換えが効率的なダイエット方法で、酵素のドリンクを水や炭酸で割って飲むことで空腹を補うことができ満腹にもなります。

授乳中でも安心して飲める酵素ドリンクはあるの?

酵素のドリンクには、授乳中に効果的であることも考えて開発されたものもあります。

これらの商品には十分な栄養や酵素などが配合されており、成分や製造方法なども安全にこだわっているので、授乳中でも安心して飲むことができるタイプを選ぶと良いでしょう。

また、美容効果も期待できるヒアルロン酸、プラセンタなど美容成分などが配合されているタイプもあります。

さらに、脂肪の燃焼と分解を助ける酵母菌や、余分な水分や老廃物を排出を促進する成分が配合されているタイプなどもあります。

産後の子育ては疲れてストレスなどが溜まりやすく、暴飲暴食や過激な無理なダイエットなどを行ってしまいがちです。

味や効果など自分に合った酵素ドリンクを選んで、産後6か月前に無理なく置き換えをすることが産後ダイエットを成功させるポイントとなります。

産後ダイエットに最適なレシピを教えて!

妊娠すると、胎児に栄養をあげなければならないため普段より食事量が増え、体重が10キロ前後増加してしまいます。

出産後は赤ちゃんと羊水の分がお腹から出て行くので、増えた体重の半分程度は減らすことができます。後半分は産後にダイエットして、自力で落とさなくてはなりません。

目安として、増加した体重は産後の1年以内に元に戻すことが理想的です。時間が経つほど体重は落ちにくくなり、再度妊娠して体重が増えてしまうと、どんどん体に脂肪がつき肥満状態になってしまう可能性があります。

産後ダイエットをする上で気を付けておきたいことは、過度な食事制限は避けることです。食べなければ最初の段階では体重が減っていきますが、長く続ける内に栄養不足となり逆に太りやすくなります。

栄養が体に不足すると少ない食事から栄養を最大限に摂ろうと、脂肪がつきやすい体質になってしまうからです。

産後は赤ちゃんに母乳を飲ませて栄養をあげなくてはならないので、食事制限は子どもの健康のためにも良くありません。

出産後は高タンパクでカロリー控え目のメニューがおすすめ

乳児にとって母体の母乳は大事なご飯ですので、丈夫に育てるには母乳の栄養状態を守る必要があります。きちんと食事は摂って、栄養バランスの良い食事を1日3回摂るようにします。

産後ダイエットは高たんぱくでカロリーが低め栄養成分豊富な食材を食べ、体に負担がないように痩せることを心がけましょう。

痩せる効果も高い良い食材としては、食物繊維が豊富な海藻類・野菜類・きのこ類が向いています。

豆類は食物繊維がたっぷりな上に高たんぱくでカロリーが低いので、海藻類などと一緒に調理すると栄養価がアップします。

血をサラサラにする魚も積極的に食べるようにしましょう。低カロリーで栄養豊富なこれらの食材を使った簡単にできるレシピとして、具をたくさん入れた魚のあら汁を作ってみてはいかがでしょうか。

白菜やキャベツなどお好みの葉物野菜、きのこ類を刻んで、魚のあらと合わせて汁を作ります。あらは一度沸騰させたお湯に入れてから水洗いすると臭みがとれます。

鍋に水を入れ昆布で出汁をとり、野菜とあらを投入して具に火が通ったら豆からできた味噌を入れて味付けします。仕上げに海藻類を入れると、さらに良いです。

あら汁の味噌は、塩分控えめなタイプを使うようにしてください。あら汁はご飯にかけても美味しいので、多めに作っておくと一人で食事する際に汁かけご飯をして手軽に済ませられます。

食物繊維が豊富な食材を使っているので、美肌効果もあり美容面でも良いレシピです。

産後ダイエットでくびれを取り戻す方法

女性は妊娠すると胎内で赤ちゃんを健康に育てるために、基本的に10キロ前後は太るとされています。胎内の赤ちゃんは母体で3キロまで育てられ、その赤ちゃんの体を守るために母体は脂肪や筋肉が自然とつき体重が増えてしまうのです。

妊娠中に増えてしまった体重は、出産をするとある程度は減っていきます。胎児の分の3キロと羊水の分の1キロがなくなるので、産後は増加した10キロの内の4~5キロはなくすことができます。

残りの増えた分は減らすことができないのかというと、体重自体は戻しやすいです。コツは赤ちゃんに母乳を与えて育てることであり、人口のミルクをあげるよい母乳をあげた人の方が体重が減りやすいデータもあります。

母乳は栄養成分が豊富であり、そちらに栄養を回すので食事を多めに食べても太りにくく、逆に体重が減っていきます。

母体から作られた母乳は免疫機能を高める作用もあるので、赤ちゃんを丈夫に育てるためにも母乳育児を実践してみましょう。

お腹まわりについた脂肪を落とすためのダイエット法

妊娠で増えた体重は母乳育児を行うことで解決できますが、お腹まわりについた脂肪は自然に落ちないので産後ダイエットが必要です。

腹部は胎児を育てる子宮がある部分ですので、妊娠すると胎児を守るために脂肪がつくようになります。脂肪は放っておくとそのままになって時間が経つほど、脂肪を落とすことが難しくなるので産後のすぐにダイエットをするようにしましょう。

お腹まわりの脂肪を減らす産後ダイエットは、骨盤矯正をすることがおすすめです。

出産後は骨盤が開き、脂肪がたまりやすくなっています。開いた骨盤をしめることにより、腹部にくびれを取り戻すことが可能となります。

骨盤矯正は骨盤矯正体操・矯正ベルト・骨盤まくらを活用して行います。

簡単にできる骨盤矯正体操は足を肩幅より少し広く開いて立ち、腰に両手をあてて頭を下に動かさないようにして腰で八の字を書くように回します。

左右で10回ずつをワンセットにして、無理のない範囲の回数で毎日続けていきます。こうするとお尻の部分の筋肉も鍛えられるのでヒップアップにも最適です。

日常で骨盤をしめる働きのある矯正ベルトを巻くことで、骨盤が早期にしまるようになります。矯正ベルトは腰のゆがみも治すので、腰痛予防もできます。

骨盤まくらは専用のまくらがありますが、バスタオルを数枚重ねて丸めることで代用可能です。

まくらや代用のものをお腹の下におき、その上に寝て数分程度その姿勢を維持します。骨盤まくらは背筋が伸び、体をほぐす作用もあるので肩こり対策にもなります。